2018.07.17

Common topic

【TOEICリスニング】4ヶ国の英語の訛りの違いがわかるYouTube動画まとめ

LINEで送る
Pocket

【TOEICリスニング】4ヶ国の英語の訛りの違いがわかるYouTube動画まとめ

一言で英語と言っても様々な訛りがあります。TOEICのリスニングセクションでも使われる代表的な訛りがこの4種類です。

  • イギリス英語
  • アメリカ英語
  • カナダ英語
  • オーストラリア英語

ワーキングホリデーでどこの国に行こうか悩んでいる理由のひとつに英語の訛りがあるのではないでしょうか。
しかし英語の訛りを気にし過ぎるのはもったいないということを以前お伝えしました。ワーホリの期間では訛りが気になるほど英語が身につくことは難しく、ましてや現代では訛りがある英語が一般的だからです。
詳しくは以下の記事を読んでみてください。

そこで今回は訛りによって英語がどれぐらい違うのか実際に聴いてみましょう。
英語の訛りを比較したYouTubeの動画をピックアップしてまとめてみました。

訛り英語動画のパイオニア

2010年にYouTubeで公開されたこの動画が英語の訛りを紹介した最初の動画かもしれません。
英語圏の国はもちろん日本などの非英語圏の国の人が使う英語も紹介されています。
この方はイギリス出身なのでイギリスの地方の訛りが詳しいです。

アメリカ英語といっても地域によって様々

続いてアメリカ英語の種類が豊富な動画をご紹介します。
アメリカのドラマを観ているとキャラクターごとに訛りも違い、様々な出身やバックグラウンドを表現しているということがわかりますね。

ここからはTOEICで使われる4種類の英語を比較している動画を紹介します。

イギリス英語 VS アメリカ英語

典型的なイギリス英語を話すイギリス人とアメリカ英語を話すアメリカ人の二人が出てきます。
様々な単語をそれぞれの英語で発音しています。例えば「tomato」はイギリス英語では「トマートー」、アメリカ英語では「トゥメイトー」といった感じで、違いがありますね。

アメリカ英語 VS カナダ英語

今度はお隣同士のアメリカとカナダです。地理的には近いふたつの国ですが、発音や言い回しが違うことがわかりますね。
ちなみにカナダ英語は日本人が聞き取りやすいとも言われています。

イギリス英語 VS オーストラリア英語

オーストラリアはイギリスやアイルランドからの移民で成り立っている国です。そんな歴史的な背景からオーストラリア英語はイギリス英語に近いと言われています。
オーストラリア英語の綴りはイギリス風です。例えばアメリカでは「center」ですがオーストラリアやイギリスでは「centre」です。
この動画を観てもらうとわかりますが「オージーイングリッシュ」という独特の言い回しが特徴です。
ちなみにお隣ニュージーランドでもオーストラリアと近い英語を使いますよ。

まとめ

国によってこんなにも英語が違うんですね。「訛り」と聞くとあまり良いイメージがないかもしれません。しかし、この訛りも個性のひとつです。
私は以前ニュージーランドに語学留学で滞在していました。先日カナダに行ったときにカナダ人から「あなたの英語はイギリス英語っぽい」と言われたことがありました。使う単語がアメリカやカナダの英語っぽくないそうです。そこから話が広がり、自分のことを覚えてもらうことができました。
みなさんも訛っているからといって敬遠せず様々な英語に触れてみてくださいね。今よりずっと楽しい英語ライフを送れること間違いなしです!!