2016.03.12

Common topic

【英語力が急上昇する秘密】『耳が開く』のは海外生活4週間目

LINEで送る
Pocket

【英語力が急上昇する秘密】『耳が開く』のは海外生活4週間目

あなたは「耳が開く」経験をしたことがありますか? 今まで必死に聴いていた英語がスッと頭に入ってくる感覚です。(「英語耳になる」という言い方もするようです)
こんなことが急に海外生活するあなたにも訪れるんです。

最初はまったく聞き取れない

いざ英語力を上げたいと意気込んで語学学校に通っても、最初の3週間ぐらいはまったく聞き取れません。語学学校の先生は丁寧にゆっくり話してくれますが、ずっと日本に住み日本で英語を学んできた方にとっては厳しいものです。
そして会話をしていてもワンテンポ遅れてしまい、なかなか発言ができないといったふうになりがちです。これはこういったプロセスになっているからです。

  1. 英語で聴く
  2. 日本語に訳す
  3. 日本語で考える
  4. 英語に訳す
  5. 英語で答える

そうなんです、一旦英語から日本語に訳し、また英語に戻す作業が必要なんです。この時間が会話に乗りきれない原因です。

4週目に急に聞き取れる『耳が開く』

私が語学学校に通っていた4週目の月曜日の授業で急に「あれ?英語が聞き取れる」といった瞬間が訪れました。先生が話していることがスッと頭に入ってくるんです。そして何のよどみもなく英語が口から出てきます。その時の頭の中はこんな感じです。

  1. 英語で聴く
  2. 英語で考える
  3. 英語で答える

日本語に訳さずに英語で考えることができるようになったんです。そうすると会話にも入れるようになり、英語が楽しくなってきます。そしてたくさん話すのが英語上達の近道です。

『耳が開く』のは英語への慣れ

私は言語学や英語が専門ではないのであくまでも推測です。
しかし実体験として感じているのは、普段使っている英語の単語や言い回しに慣れるのがこの3週間という期間なのではないでしょうか。語学学校の授業で使われる英語はある程度決まっています。
それらの”いつもの英語”はスッと頭に入り、日本語と同じように使いこなせるようになっています。あとはそれ以外の単語だけ注意していればいいんです。そういった理由で急に聞き取れ、頭で考えなくても大丈夫になる理由のひとつです。

まとめ

英語力を上げるのは筋力トレーニングと同じです。毎日大量の英語をインプットし、それをしっかりアウトプットすることで上達します。『耳が開く」のはスポーツなどで「体が勝手に反応する」といった感覚と同じではないでしょうか。
あなたも最初のつらくて実感がない期間を乗り越え、『耳が開く』感覚を味わってみてください。