2016.03.20

Common topic

せっかくのワーキングホリデーなのにジャパレスでいいの?

LINEで送る
Pocket

せっかくのワーキングホリデーなのにジャパレスでいいの?

ワーキングホリデーで海外に住む日本人の多くが働くジャパレスです。でもせっかく海外にいるのにそれでいいのでしょうか。

結局、日本と同じじゃん

日本で一生懸命アルバイトする。やっと1年間の生活費や語学学校の学費を貯め、憧れの海外の地へ降り立ちました。
学校で勉強をし、友達と遊ぶ。そしてジャパレスでアルバイトをする。
せっかく海外にまで来たのにそれって日本と同じじゃないですか? 1年前に日本で貯金をしてきた時と同じですよね。

なんのためにわざわざ海外にきたの?

なぜあなたはワーキングホリデーに行こうと思ったのですか? 高いお金を払って海外に住んでいるのに、日本にいるのと変わらない生活をしていませんか?
いつもいっしょにいる友人はどうですか?日本人とばかり遊んでいませんか? 決して日本人同士でいっしょにいることが悪いとはいいません。しかしせっかく海外にいるんですから、異なる国から来ている人と仲良くなったほうがいろいろな文化に触れることができますよね。

もっと目的を持って1年を過ごそうよ

ワーキングホリデーのビザは1回しか使うことができません。そして貴重な1年間という時間を費やしています。せっかくお金も時間もかけて海外にきたんですから、日本にいるのと同じように過ごしていたらもったいないです。
何か目的をもって生活していますか?「英語の力を上げたい」「いろんな場所を巡りたい」「現地の有名企業で働きたい」日本ではできない経験をワーキングホリデーでしてみましょう。

日本でスキルを身に付けてから行こう

これは今、ワーキングホリデーの準備中というあなたに向けたメッセージです。

最低限の英語力

ジャパレスで働くのが悪だというわけではありません。多くの日本人がそうなってしまう理由のひとつが英語力です。語学学校に通ったとはいえ、いきなり英語しか話さない職場で働くのはかなり厳しいものがあります。
それなら日本で準備段階のうちから英語を勉強しておきましょう。日本にいたってできることはいくらでもあります。文法や単語なんて時間があるうちにやっておくべきです。
またワーホリビザの申請などできる限り自分でやりましょう。それぐらいできないと生活は厳しいですよ。

専門的なスキル

また現地の企業で働けない理由のもうひとつが専門的なスキルが足りないことです。例えば同じレストランだとしても、自分で調理ができればローカルのレストランで働けます。エンジニアであったら英語が十分でなくてもプログラムが書ければなんとかなるといったケースもあります。
すでに仕事をしている方はそのスキルをそのまま活かすことができるでしょう。そうでない人はUdemyのようなオンライン講座にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。英語での講座もあり、英語力と技術力をつける一石二鳥のチャンスです。

まとめ

100万円以上のお金を準備し、貴重な1年間をかけて海外に行くんです。そこで日本と同じような日々を過ごしていたらもったいないですよね?
日本にいるうちにできることから勉強、準備し、いざ渡航したらしっかり目的を持って生活する。そうすることで充実したワーホリ生活になりますよ。
お金と時間を無駄にしないためにも、この先どうやって過ごしてくべきか考えてみてくださいね。